中国の社会保障制度

2013年12月13日現在

1. 中国の養老保険制度

2013126日付で、中国政府の財政部、人力資源社会保障部、国家税務総局は、「企業年金、職業年金の個人所得税に係る問題に関する通知」を発布しました。これは、これまで具体的な規定のなかった企業年金と職業年金についての個人所得税の規定です。 

日本の中国子会社は、中国国内の企業年金制度は直接関係しないと思われます。ここでは中国現地法人の運営に必要な基礎知識として中国の養老保険制度の概要を解説します(従業員給付の会計処理(その3)参照)。 

中国の養老保険制度は、3つの階層で構成されています。第1階層は基本養老保険制度であり、第2階層は補充養老保険制度、第3階層は個人貯蓄型養老保険制度です。

 1階層の基本養老保険制度には、都市郷鎮の従業員養老保険と住民社会養老保険、および新型農村社会養老保険があります。都市郷鎮の従業員養老保険の対象者は、政府機関・企業・事業単位とその従業員、個人事業主とその補助者、自由職業者、非正規労働者等です。日本の中国子会社とその従業員には、この都市郷鎮従業員養老保険制度が適用されています。

都市郷鎮住民社会養老保険は、都市の戸籍を有する就業者以外の住民に適用する基本養老保険です。新型農村社会養老保険は、都市郷鎮の従業員養老保険と住民社会養老保険に加入していない農村住民を適用対象としており、最近になって新たに制度化された基本養老保険です。

 2010年に改正された「社会保険法」では、これらの基本養老保険のほかに、基本医療保険、労災保険(工傷保険)、失業保険、出産育児保険(生育保険)が規定されました。これらの社会保険は5険と呼ばれており、従業員に住宅を提供するための公的積立金制度である住宅公積金と合わせて51金として政府機関、企業、事業単位等の従業員福利を構成しています。

2. 補充養老保険制度

2階層の補充養老保険制度には、基本養老保険を補充する補充養老保険制度と、基本医療保険を補充する補充医療保険制度があります。補充養老保険制度には、企業年金と職業年金があります。

補充養老保険制度は、1991年から2000年にかけて、交通、郵便電話、水利、民間航空、有色金属、電力、石油、建設、石炭、金融等の11業種の大型国有企業が、企業年金制度としての企業補充養老保険制度を確立するとともに、この企業年金制度に伴って第3階層の個人貯蓄型養老保険制度も同時に制度化しました。

 企業年金制度としての企業補充養老保険制度は、制定当初は、企業が従業員の前年度末の賃金給与総額の5%を養老保険として積み立てるものであり、同時に個人貯蓄型養老保険制度として、従業員個人の前年度末賃金給与の3%を企業が源泉徴収して、それぞれの専用口座に積み立てるものでした。

この企業補充養老保険と個人貯蓄型養老保険は相関関係にあり、従業員は個人貯蓄型養老保険に加入しなければ、企業補充養老保険の年金給付を受けることはできません。両制度とも企業または従業員が自主的に基金を企業内または保険会社に委託して設定するものであり、この養老保険に加入するかどうかは従業員個人の任意とされています。

この企業補充養老保険制度は、2004年に制定された「企業年金試行弁法」と「企業年金基金管理試行弁法」によって企業年金制度と改称されています。新たな企業年金制度では、年金の財政的負担能力のある企業で、基本養老保険に加入して納付義務を履行している企業が、労働組合等と集団で協議して企業年金法案を策定して労働管理部門に届出して承認を受けます。

「企業年金基金管理試行弁法」は2011年に「企業年金基金管理弁法」に改正されて年金資産の運用範囲が拡大されています。201212月には「国有金融企業年金管理弁法」も施行されており、中国の企業年金制度は現在進行形で制度の整備拡充が行われています。ただし、この年金制度を運営管理する会社は、中国内資の信託投資会社、生命保険会社、国有銀行に限られており、外資系企業は企業年金制度の運営機関に参入することはまだ認められていません。

なお、職業年金とは、2011年の「事業単位職業年金試行弁法」の規定により、事業単位とその勤務者が法により基本養老保険制度に加入していることを条件として確立する補充養老保険制度をいいます。

3. 補充医療保険制度

補充養老保険制度には、この企業年金と職業年金の他に補充医療保険制度があります。補充医療保険制度は、1998年に現在の都市郷鎮従業員の基本医療保険制度が整備された時に、基本医療保険制度に加入している企業が従業員個人の医療費負担を軽減するために、強制的にではなく自主的に医療保険を補充したものです。

補充医療保険制度は2002年に実質的に制定されましたが、制定当初は、従業員の賃金総額の4%の範囲内で保険料を納付し、その企業または業界団体が保険資金を集中的に管理して、従業員個人の医療費補助を支給するものでした。

中国の医療保障制度には、社会保険法による基本医療保険制度の他に、補充医療保険制度と貧困者に対する重大疾病等の医療補助制度があります。補充医療保険制度は、基本医療保険制度と重大疾病医療補助制度でカバーできない医療保障について、企業が自主的に補充医療保険基金を設定して医療費負担を補助する養老保険制度です。

以上(無断転載禁止)